点頭てんかん(ウエスト症候群) 完治までの闘病ブログ ~CT検査・血液検査そして入院へ~

前回からの続きです↓

前回からの続きです↓ ネットで調べて幾つか関連しそうなものが出てきた。 「熱性けいれん」 子どもの脳は熱に...

CT室へ到着。

大きな白い部屋に大きな白い機械が1台。その機械の診察台にmiuを横にさせるよう言われ、そっと寝かせる。

すると、検査技師が手際良くmiuに固定バンドを着けながら

技師:「これからCT撮ります。すぐ終わりますので、お母さんは外でお待ちください。」

ARA:「あ。。。はい。。。分かりました。」

あどけない顔をしたmiuの頬を撫で、室外へ。

CT室の重たい扉が閉ざされた。

廊下で1人で待つ。

怖い。怖い。怖い。。。

5~10分後、撮影が終わり技師が扉を開けた。

CT室に入ると、大きな白い機械に、数本のバンドで括りつけられた小さなmiu。

すぐさま駆け寄ると、技師がバンドを外してくれた。

私はmiuを抱き締めた。

その後、血液検査の為採血。

そして、最初の診察室の前に戻り暫く待っていると、医師に呼ばれ診察室へ。

O医師:「CTも血液検査も異常はないですね。」

ARA:「あぁ、そうですか。良かった。。。」

O医師:「でも、脳波やMRIとか幾つか他の検査もしないとまだ何とも言えません。脳波の検査は月曜にならないとできないのと、その間発作が起きるかもしれないので、数日は入院してください。」

ARA:「はい、あの、私は。。。」

O医師:「まだお子さんが小さいのでお母さんもご一緒にお願いします。」

その後、看護師に小児病棟に連れて行かれ病室へ。

ベッドにmiuを寝かせ、作ってもらったミルクを飲ませながら、その場で看護師に説明を受け入院手続きを済ませた。

ふとスマホに目をやるともう24時。

回りを見渡すと病室は6人部屋のようで、他のベッドのカーテンは閉まっていて静寂だった。

その後発作も起きず、miuも小さな寝息を立てていた。

こんな小さな体の中で一体何が起きているのだろうか。

こうして突如、約2ヶ月のmiuと私の入院生活が始まったのでした。