伝統医学と現代医学から「健康」を学ぶ(健康ソムリエ 第1回講座)

こんにちは、ARAです。

家族の健康の為に「健康ソムリエ」の資格取得に挑戦!ということで、先日第1回の講座を受講してきました。

講座会場は、東京 大手町の某ビルとのこと。毎週土曜日、ここで4,5時間講座があります。因みに私は東京駅から歩いたのですが、”土曜の朝 丸の内”って何だか不思議な雰囲気。多少の観光客の姿はあるものの、道路にも車は殆ど通らず。静寂な中、丸ビルや皇居などを、ただ1人てくてく。普段とはちょっと違った10分弱の散歩時間となりました。

さて本題の講座ですが

・第1回目 健康の定義と手法、手法①食べる

・第2回目 手法①食べる、手法②動く編

・第3回目 手法③休む

・第4回目 試験

の流れだそうです。

で、興味深いのが、いわゆる、今私たちが病院でインフルエンザに罹ったら、タミフルやらゾフルーザ(新薬出ましたね~)を処方されるような「現代医学」だけでなく、「伝統医学」もあわせ、2つの観点から講義してくれるんです♪

対症療法」だけでなく「根源治癒」ってやつですね。風邪引いたらとりあえず辛いから風邪薬飲むけど、そもそも風邪引かないような体づくりしないとですよね。うん、両方大事。

しかも、講師が現役のお医者さんだから、実際の医療現場での話などを交えて双方をバランス良く講義してくれました。

あと、伝統医学には8種類程あるそうなのですが(アーユルヴェーダとかジャムゥとか聞いたことあるやつ。あれらも伝統医学だそうです)、「健康ソムリエ」では最も伝統のある中医学を採用しているそうです。

まず「健康ソムリエ」の健康の定義↓

「心身ともにバランスが整った健やかな状態」を健康といい、その為には心と体を「あたためる」ことが大切、どうあたためるのかと言うと「食べる・動く・休む」だそうです。

で、1回目ではどう「食べる」で心と体をあたためるのかを色々学びました。ただただ温度の熱いものを飲み食べすれば良いって訳じゃないんですね~。いや~面白かった。2回目楽しみ♪♪♪

冷たい飲み物好きな私は、専らアイスカフェオレを愛飲していましたが、モデル御用達の白湯でもなく、さっそく生姜紅茶に。

こうして「健康ソムリエ」になるべく、温活の第一歩を踏み出したのでした。。。(つづく)