第5中足骨骨折(下駄骨折)体験談⑦〜車椅子〜

こんにちは、元気webの岡田です。

こんにちは、元気webの岡田です。 からの続きです。 怪我をしてから4つ目のようやく最後になるであろうT病院へ、その頃に...

からの続きです。

怪我の腫れがひくまでは手術ができないとのことで入院は1週間後となったので、診察が終わって会計を待つ間、速攻で仕事の為の車椅子を確保するための情報を集めました。まずはレンタル車椅子の企業サイトを閲覧。費用は月約5000円~。数か月使用することになりますが、怪我をしたことで、入院費に手術費用、通院代、その他なんだかんだで、色々と出費がかさむな〜と考えていたら、ふと「こういうのって区とかで、借りられる制度はないのかなぁ」と思いました。働く独り身には国の福祉的な制度の恩恵に預かる機会はほぼないですが、こんな時助けてくれる制度はないものかと試しに検索してみると・・・・・・・ありました。

区の福祉制度のひとつとして「車椅子の貸出」が。

貸出期間は、原則として3ヶ月。費用は無料。但し、数が限られている為、貸し出されずに残っている車椅子があればというものです。

早速区役所に電話をしてみると、ラッキーなことに1台残っていると!即貸出OKとのことだったので、会計を済ませて病院を出た足で区役所へ寄り、車椅子を借りて出社することにしました。

お借りした車椅子は、軽くて小回りがきく使いやすいものでした。これがあれば随分と仕事の効率があがります。行き帰りにだいぶ時間をとられたトイレも、もう怖くありません(笑)

喜び勇んでの出社となりました♪

~次回へ続く~