差し歯の治療

こんにちは、元気webの岡田です。

今月から歯の治療に通っています。

私の家族は「げっ歯目家族」とお互いに呼び合うほどに、ひとつひとつの歯が大きめで、根もしっかりはっています。げっ歯目の動物であるネズミやリスの歯は絶えず伸びつづけるので、常に物をかじってすり減らさなければならないほど歯が強いため、そう呼んでいます。

そんな立派な歯に対して、あごが小さいので、全ての歯がきれいに並んで生えられるほど、歯茎の面積がないのです。結果、永久歯に生え変わる時期に、生える場所のない歯は重なり合って生えました。

その為、私の兄弟は全員両八重歯だったり、私に関しては、八重歯以外にも内外に2本並んで生えている歯がありました。

子供のころに矯正するという方法もありましたが、経済的に余裕もなく、しかも兄弟全員となるとその選択はありませんでした。

私の八重歯は八重歯の後ろに隙間なく、もう1本が生えていましたので、事実上磨くことが困難でした。このままいけば、いずれ虫歯になり歯を抜くことになることは予想できましたし、八重歯を抜いてもその裏の歯も両脇の歯に邪魔されてまっすぐに生えることはできなかったため、大人になって差し歯にしました。それが約20年くらい前のことです。

そして長い月日が経ち、そろそろその差し歯も劣化してきた為、新しいものに取り換えるべく歯科に通い始めました。

差し歯は、目立たず自然できれいなものをと望むなら自由診療となります。

決して安いものではないので、おのずと歯科選びも慎重になります。

失敗したくないので、確かな技術の先生にお願いしたいです。

ですが、仕事もしていますし、しばらく通うことを考えると、歯科の場所も重要です。

色々探して、渋谷区にある歯科に決めました。

そこの先生は、

日本歯周病学会認定 歯周病専門医
日本臨床歯周病学会 認定医・指導医
日本歯科審美学会  認定医
日本口腔インプラント学会 認証医
JACP認定  歯周インプラント指導医
臨床研修指導医(厚生労働省認定)

と資格をしっかりと持たれていること、ブログなどの発信記事に実績と臨床に対する誠実さを感じられたこと、また、HPで同じ症状の方々の改善事例が掲載されているのを見て決めました。

これまでに2度診療を受けましたが、丁寧に見てくださるので、まだ全部の治療が終わっていないのでわかりませんが、今のところこの歯科に来てよかったかなと思っています。

自分自身、今回のことや、体調に不安を感じた時にどの病院に行ったらよいか判断に迷うことがあります。そんな時、選ぶものさしがあれば助かるのになと感じます。

元気webをそんな時に役に立てるものにしたいと思います。

まだまだ始まったばかりで情報も足りていませんが、健康のことで何か困ったことがあった時、その次の行動につながる道しるべになれるようなサイトを目指したいと思っています。

「健康のことなら元気web!」を目標に、まずは、更年期における症状において、内容を充実させ、この情報を実際に役立てられた方が増えるよう頑張って参ります。