点頭てんかん(ウエスト症候群) 完治までの闘病ブログ ~はじめての発作~

前回からの続きです。

※前回↓

2016年1月、私が39才の時、初産でmiuは生まれました👶 40週4日目、私の骨盤と彼女の頭が合わず緊急帝王切開となりましたが、身長...

丁度生後5ヶ月になったmiuは、この月齢の頃迄に受ける予防接種の最後の2種(4種混合、BCG)を無事接種し終えて帰宅しました。

帰宅したと同時に、私の母が遊びに来ました。

母にmiuを見てもらっている間に、私は着替えをし、ミルクの用意をしようとしたところでした。

:「あれ?miuってもう首すわってたよね?」

と、リビングでmiuを抱きかかえながら。

ARA:「うん、1ヶ月くらい前かな」

とキッチンから返事。

:「抱っこしてたら、首がガクンって前に倒れたんだけど」

ARA:「ん?どういうこと?」

と、私がリビングに行きました。

:「何だろう?」

と言いながら、母がmiuをソファに寝かせました。

すると、突然、miuが目を瞑りながら首をすくめました。そして、その行為を数十秒に1回、何回か繰り返し、その後大泣きし出したのです。

ARA:「え?え?え?どうしたの?」

初めて見るおかしな動きに狼狽されながらも、miuを抱いてあやしました。

:「注射打って疲れたんじゃない?」

ARA:「いや、おかしいよ」

疲れてあんな動きするわけない。注射の副反応にはそんなのなかったけど、薬が合わないとか?いやぁ、何か違う。

何か嫌な予感がした私は、さっき予防接種を受けたクリニックに慌てて電話をしました。

が、その日は土曜日で診察は12:30迄。今、12:40。

本日の診察は終了しましたーーーと留守電が流れ切れました。

miuを抱きながら不安でオロオロしていると、帰り際の母が

:「そんなにARAが心配するなら、どこか病院で診てもらっても良いんじゃない?」

:「いやいや、少し寝かせてあげれば大丈夫だよ。大袈裟に心配し過ぎだよ」

――― いいや、絶対おかしい💢

私は、泣き疲れたmiuを寝かしつけると、即座に寝室に籠りスマホで検索して調べまくりました。

“両手 伸ばす” や ”頭 前に倒れる” と ”乳児”、”赤ちゃん” などを掛け合わせて検索。

すると、ところどころに超不安な言葉が。。。それが

点頭てんかん

でした。