簡単 薬膳レシピ「モヤシとチンゲン菜の中華風味噌汁」 ~黄帝レシピに挑戦~

こんにちは、ARAです。

健康ソムリエを受講してから、毎朝あたための一杯に簡単に作れる汁物を作って家族で温活してます♪

朝は一番体が冷えていて、体温計ったら“35.○度”なんて人も結構いるのでは?

35度はがん細胞が増殖しやすい温度だそうで、36.5~37度くらいが免疫力も上がっている状態だそうですよ。(医師でもあり健康ソムリエの講師である石原新菜先生が仰っていました)

「え~、私、平熱低くて35.8度くらい~」って言っているあなた!スープ飲んであたためましょう!!

というわけで、今日は黄帝レシピの「心」のレシピ

「モヤシとチンゲン菜の中華風味噌汁」

を作ってみました。

はい、材料2人分はこれだけ。

もやしは半袋とありますが、1袋だいたい200~250gみたいです。だし汁は、市販の顆粒だしを水で溶いたもの(だし小さじ1に水400nl)で簡単に💦あ、万能ネギを用意し忘れてしまいました😢

①まず、モヤシはヒゲを取る。

ヒゲは取った方が食感も味も見た目も良くなりますが、2人前分(約120g)を取るのに、ぷちぷちと6~7分かかりました。

ヒゲには繊維質も多くあり、取るとビタミンが流れやすくなるみたいですが、今回はスープで使うのでビタミン流れないし、モヤシ臭さも感じやすい料理になるので頑張って取りました。

②チンゲン菜はこんな感じで。

万能ネギ忘れたのですが、切ったとしても野菜の処理で10分程度ですかね。

③鍋にごま油を投入。熱入ったところで豚ひき肉を入れて中火でジュージュー炒めます。

あんまり火を入れ過ぎるとカラカラになっちゃうので、ほんのり焼き色ついたくらいで。ん~、ごま油のいい香が♡

炒めに5分くらいかかって、15分経過。

④ってところで、鍋に先程切ったモヤシとチンゲン菜をぽいっと。だし汁もジャーっと足して、グツグツしてきたら、蓋して弱火にして3分。

こんな感じです。

⑤火を止めて、味噌を溶かし入れて

20分でできあがり~(最後、万能ネギをパラパラっとかけましょう。買い忘れていなければ。。。)

あ~味噌汁っていうより、ほんのり味噌味のスープって感じでやさしい~♡これだけで、肉も野菜も摂れるので栄養価もばっちりです★★★

モヤシの下処理に時間かかりますけど、個人的には取った方が美味しくなると思います✨

小さな子供の料理の手伝いの手はじめに、モヤシのヒゲ取りをやってもらうのも楽しいひとときになるのではないでしょうか😊