はじめまして、元気webです

はじめまして!
本サイト責任者の岡田と申します。元気webをご覧いただきありがとうございます。

私達は、国民のみなさまの健康リテラシー向上を支援することにより、健康寿命の延伸に寄与することを理念としています

・・・・健康リテラシーの向上ってナニ?

とお思いの方もいらっしゃいますよね。

リテラシーとは、辞書曰く「与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。」と書かれています。

健康分野においても、さまざまな情報があふれる現代、「○○という食材には、こんな健康効果がある!」「○○という症状には、こんな運動法が効果的!」などという特集を、WEBでもテレビでも雑誌でもよく見かけます。新しい情報も次から次へと後を絶たない中、「いったいどれが一番いいの?」と迷ってしまうことはありませんか?

からだの状態は人によって違います。体質によって、体調によって、環境によって、年齢によって、性別によって、今のあなたの健康に必要なことは、隣の人とも同じとは限りません。その為、自分にとって「一番いい」ことを取捨選択できる力が必要なのです。

では、自分にとって必要な情報を取捨選択し、活用できるようになるためには、何が必要か?

それは、『健康のことを知る』ことだと思っています。

私は今40代です。人生を振り返ってみると、健康を体系立てて学んだ記憶がありません。

「健康とは何か?どんな状態か?」と聞かれても、なんとなくはわかっているけどうまく言えない・・・という感じです。

また、自分自身のからだにおいても、どんな体質で、どんなところが弱く、どんなことをすれば体調が良くなるのかも、よくわかりませんでした。

生理痛が激しく、頭痛持ちで、万年肩こり、冷えの自覚はないけれど、毎日足がつる。毎朝、だるくてしんどい。最近は、視力も落ちてきて、夜になると目がしょぼしょぼする。

これらの原因は、何なのか。

この仕事をとおして、健康に向き合うまでは、ひっくるめて「年取った」くらいにしか思っていませんでした。

が、健康を体系立てて知ることにより、なぜそうなるのかを理解できるようになり、自分のからだの声が聞けるようになり、若かった20代の頃よりも体力がつきました。

そんな自分の変化が楽しくもあり、「健康のことを知るって面白い。役にも立つし、そんな文化が広まれば、日本はもっと健康で幸せな国になる!」と思っています。

自分だけ長生きしたってつまらない。大切な人達も健康であってほしいから、みんなに知ってほしい。と思っています。

だからこそ、「人生の中で健康で過ごせる時間を長くしよう」という当社理念に大きな意義を感じていますし、その理念から生まれた「元気web」を「健康」といえば「元気web!」と、多くの方々に役立てるサイトに育てていくという目標に全力を注ぎたいと思っています。

元気webでは、健康リテラシーの向上支援のため、質の高い情報を提供してまいります。

質の高い情報とは何か?

私達は「誰が発信しているか」が大切であると考えています。

元気webでは、医師、理学療法士、鍼灸師、博士号などの国家資格を持つ方、また、専門資格をお持ちで、その分野で自分の仕事として心血を注がれている方など、健康に関する専門分野において真摯に向き合ってこられた方で、さらに、私達の掲げる「健康寿命の延伸」という理念と共通するお志を持たれ、日々尽力されているスペシャリストの方々にご協力頂いています。

次回のブログでは、そんなスペシャリストの方々との出会いについて、お伝えしたいと思います。

元気webの一方で、より根本である「健康を体系立てて学ぶ」という取組みに対し、現在、健康の教育事業を開発しています。こちらの情報も、今後「元気web」でもお知らせしていく予定です。

それでは、今後とも元気webをよろしくお願いします!