~温活~これはいい!新たな運動メニュー

こんにちは、元気webの岡田です。

第2ステージに入った私の温活。

こんにちは、元気webの岡田です。 前回のブログでは、私の温活が次ステージに進むまでのお話をさせていただきました。 これ...

①30回のスクワット

②ふくらはぎ強化版スクワット10セット(スクワットつま先立ちバージョン)

③自宅に帰ってきたときは、エレベーターを使わず階段をのぼる(4階)

を必須としました。

余裕のある時は、それに加えて

・ももあげ行進30回

の運動メニューを開始して2週間が経ちました。

運動するのに腰が重い私ですが、実は10年前まではダンスを生業にしており、からだの効果的な使い方は理解しており、現役時代は自身の筋トレメニューも定期的に行い、レッスンもしておりました。

なので、「ながら運動」は基本的に効率が悪いと思っています。ストレッチや筋トレは、どの筋肉を使っているのかを意識して行うことが効果的だからです。

ダンスが仕事の時は、からだをつくることも仕事の内ですので、あたりまえにやっておりましたが、別にやらなくてもいい状況の現在、継続するのはなかなか大変です。

テレビを見ながらスクワットをやっても、テレビに意識がいってしまうと、気づくとただの屈伸作業になってしまって、全然きかないのです。なので、意識を集中させて太ももの裏側の筋肉と、お尻の筋肉を使ってひざを曲げ、その時上半身は腹筋と背筋を使って反対に上に伸びるようにと思うと、テレビの内容は入ってきません。歯磨きの時も同じ。歯磨きも運動と一緒にやるとどちらも中途半端になって、磨いた気がしない・・・。

運動やるぞモードの時はやれるのですが、そうでない時は「どうせやるなら効果的にやりたいけど、そんな気が起きない。でも、ただ惰性でやった”ながら運動”で、効果ないなら意味ないし。」と面倒くさい心の攻防が始まります(笑)

そんな時、これまで余裕のある時メニューだった、「ももあげ行進」が私にとって最適なことに気が付きました。

姿勢を正して背筋をまっすぐにしたまま、太ももを高くあげ(上げた太ももと下腹の角度が90度以上になるように)3分間連続足踏み行進。

これ、想像以上にきついです。みなさんにも是非1回試していただきたい。たった3分でもこれまでのメニュー全部やるより、からだがあたたまります。スクワットより意識しなくても正しく行えるところが気に入っています♪

これからは、こちらのメニューを通常メニューでしばらくやってみるつもりです。よしっ!

ちなみに、どうせなら、会社の行き帰りの徒歩ルートを「ももあげ行進」で歩いて運動量を増やそうと思って試みてみましたが・・・・・・・まったく前に進めません(笑)

また運動着ではなく通勤着ですので、なかなかの違和感です。ゆえに、あきらめました。